熊野さんが出ないせいで潜水艦ばかり出撃しているために鉄が有り余っていたので、4つしか持っていない46cm砲の開発をしてみました(開発では1つだけ)。
秘書は大和と金剛姉妹各艦に10回毎に交代してもらって計50回行いました。
結果はこんな感じ。

1 41連装砲
1 35.6連装砲
3 20.3連装砲
3 14単装砲
4 15.5主砲
2 15.5副砲
6 15.2単装砲
1 12.7高角砲
5 12.7機銃
3 7.7機銃
2 91式徹甲弾
1 4連装魚雷
4 3連装魚雷
2 甲標的
12 ペンギン
かが
「……」


無言が痛いです加賀さん。新レシピの実験という意味合いもあったので許してください。
装備開発の基準になっていると言われる装備廃棄資材量×10をもとに「10/240/250/10」で行ったのですが……。理論上はこれで出ると思われるんですが、どうやら駄目なようです。やっぱり弾薬300を使用するレシピが流行っているのには意味があるんですかね。少し開発関係について調べなおしてみることにします。